女の人

眼瞼下垂にお悩みの方必見【最新治療でたるみ除去】

まぶたを上げて大きな目に

目

目立たないところから切開

目の上部には眼瞼挙筋という、まぶたを上に引き上げるための筋肉があります。この筋肉が何らかの原因により弱くなると、まぶたが下がって目にかかり物が見えにくくなります。これが眼瞼下垂という病気です。美容外科や形成外科を訪れてまぶたの施術を希望する人の中には、眼瞼自体は正常であってもまぶたが重苦しく見えるため眼瞼下垂の場合と同じ手術をしてほしいと望む患者もいます。最近の眼瞼下垂手術では、表から見える部分にはメスを入れず、裏にある結膜側から切開するという方法で施術するクリニックが増えています。この方法では眼瞼挙筋のそばにある重要な筋肉を傷つけないというメリットがあるのです。さらに腫れも少なく、ぱっちりと開いた目にできるとあって人気があります。

保険診療のクリニックも

眼瞼下垂は単なる外観上の問題ではなく、患者の生活の質に関わる病気と位置づけられています。症状が重くなれば日常生活にも非常に支障が出るからです。したがって、病気として形成外科等で治療を受ければ健康保険の適応を受けることができます。一方、自由診療の多い美容クリニックでは、保険が適応されるかどうかはクリニックによって違います。保険内で治療したいと希望する人は、施術を受ける前に確認した方がよいでしょう。近頃では保険がきくかどうかよりも、仕上がりが美しいかどうかを気にかける人が多くなっています。形成外科か美容外科かということだけで仕上がりまで判断することはできませんが、安心感を求めて美容外科で眼瞼下垂の治療を受けることを選ぶ女性は今後増加すると見られています。